大阪・愛知・岐阜連続リンチ殺人事件

2014.11.21.Fri.18:23
1994年9月28日から10月7日までに3府県で発生した未成年の少年グループによるリンチ殺人事件である。

男女の少年グループ計10人が、大阪、愛知、岐阜の3府県で4人をリンチにより死亡させた。
A(当時19歳)は生後すぐ母親と死別し、親類の家に養子に行く。中学時代から万引き、カツアゲを繰り返していた。
1994年8月に愛知県で強盗傷害事件を起こして大阪府に逃亡。その際、ホストクラブで働いたのち、暴力団の準構成員となったB(当時19歳)や、貧しく放任の家庭で育ったC(当時18歳)と知り合った。 この3人の他にも7人の男女のメンバーがおり、中には少女もいた。
主犯格であるこの3人は特に凶悪で、恐喝や強姦を繰り返すなどしていたという。

― 大阪事件 ―
最初の事件は1994年9月28日、主犯格の3人ともう1人は大阪市中央区で無職の男性(当時26歳)を強盗目的で襲った上に拉致し、19時間にわたって激しい集団暴行を加えた。そして最後はベルトを使って絞殺した。その後少年らは、暴力団員に遺体の処分を相談し、高知県安芸郡奈半利町の山中に遺棄した。

― 木曽川事件 ―
10月6日、少年グループの仲間の1人である型枠大工の男性(当時22歳)が女性関係をめぐってAと言い争いになり、AはBやCら仲間7人と共にこの男性を鉄パイプなどで激しく暴行、頭部の傷口をフォークで突き刺し、シンナーや醤油をかけて反応を見るという凄惨なリンチをした。翌日、ぐったりした男性を木曽川河川敷で堤防から突き落とし、更にシンナーをかけた上で火をつけて殺害した。

― 長良川事件 ―
10月7日の深夜、ボウリング場で「目が合った」と因縁をつけ、20歳の男性と19歳の男性を金品を奪った上に拉致する。長良川の堤防に連れだし、2人を鉄パイプなどで執拗に暴行した上で殺害した。遺体は翌日に同場所で発見され、頭蓋骨や腕など全身骨折の上、身体の血管の大部分が損傷を受けて大量出血しているという無惨なものだったという。遺体の発見と、2人と一緒に因縁をつけられた男性の証言などから少年達は逮捕された。

― 異例の判決 ―
犯格らは、強盗殺人、殺人、死体遺棄、強盗致傷、恐喝、逮捕監禁の計6つの罪で起訴された。公判での少年達は反省の無い態度で遺族に対して何の配慮もないもので、「未成年だから死刑にはならない」「俺の刑はどれくらい」と発言したりした。このような反省なき態度、あまりに残虐な犯行から、検察より死刑が求刑される。死刑を求刑されてからは、態度を変えて「生きて償いたい」と言い出し始めた。遺族に対して謝罪の手紙を送ったりしているが、遺族には受け入れられなかった。

2001年7月9日、判決公判が開かれ、Aは殺人罪で死刑、BとCは傷害致死罪で無期懲役の判決が下された。この判決に遺族からは不満の声が上がり、弁護側・検察側共に判決を不服として控訴する。

2005年10月14日、名古屋高裁で控訴審判決公判が行なわれ、「3被告の役割には差は無い」とし、3名にいずれも死刑の判決を下した。 これは日本における同じ少年犯罪で複数の被告に死刑判決が下された初めての判例であった。被告側は判決を不服として上告した。

2011年3月10日、最高裁判所は上告を棄却し元少年3人に死刑が確定した。少年達は30歳になっていた。
判決後、死刑確定によって更生の可能性が事実上無くなったことを受けて、各報道機関はA・B・C3人の実名を公表した。

無期から死刑になった1人は「死刑になってもやむを得ない」と語り、義務でない封筒貼りの作業をやって年に3、4万円になる報酬の全額を遺族に送っていた。
一審で無期判決を受けたもう1人も、「責任のなすりつけ合いで、聞いても仕方がない」と公判にも出ず、「死刑を覚悟している」と語った。

関連記事
コメント

管理者のみに表示