歌舞伎町ビル火災

2015.07.01.Wed.00:25
新宿駅から歌舞伎町の中心である新宿コマ劇場へ抜ける歌舞伎町一番街に「明星56ビル」はあった。

2001年9月1日、「明星56ビル」で突如火災が発生。44名が死亡するという大惨事になった。
日本で発生した火災としては戦後5番目の死傷者を出した。 事件の被害をここまで大きくさせたのは、ビル内の避難通路の確保が不十分であった為とされる。

そしてこの事件は、現在でもまだ出火原因は未確定であり、放火の可能性も高く、いまだに多くの謎が残っている。
― 明星56ビル3階 ―
火災によりビルに居合わせた客と従業員のうち、3階の19名中16名、4階の28名全員の計44名が死亡、3階から脱出した3名が負傷した。
出火地点はビル3階のゲーム麻雀店で、エレベータ付近から出火。
ビル3階と4階のセクシーパブの防火扉が開いていたため、この2フロアに火炎と特に煙の回りを速めたことが、被害を拡大させる一因となった。
最終的に44名全員が急性の一酸化炭素中毒で死亡したことが、それを表している。

4階(セクシーパブ)での犠牲者には、証券会社の営業社員3名が来店客として含まれていた。
強引な営業手法で利益を上げていた同社に対して「バチが当たった」といったような報道が一部の週刊誌等を中心になされた。
また、同じフロアで銀行員も1名死亡している。

後の調べで3階のゲーム麻雀店は、実は違法ギャンブル店だったことがわかった。
また明星56ビルは一階は風俗無料案内所、二階はイメクラ、地下にはカジノクラブという歌舞伎町を凝縮したようなビルだった。

この事件では、内部で既に火災が起こっていたところに従業員女性が何も知らず扉を開けてしまい、空気が入ってきたためバックドラフトが引き起こされ、被害が拡大した。 驚いた従業員は道路側の非常口からそのまま飛び降り、消防署に連絡をした。この救急要請が第一報であった。 また従業員2人は別の窓から屋根伝いに脱出した。

3階ゲーム麻雀店で助かった3名は事務所の窓から脱出した従業員であり、従業員という立場でありながら避難誘導しなかった。
また、この際目撃証言から「4人目」の生存者がいたとされるが、この人物はその後行方をくらました。

自動火災報知器は設置されていたが、誤作動が多いために電源を切られていた。
また4階は天井を火災報知器ごと内装材で覆い隠してしまっていた。

― 3階4人目の生存者 ―
行方不明となった4人目の生存者。この生存者が今回の事件の真実を知る人物という説がある。

事件当日、火災現場から大久保方面に200メートルほど離れた場所、血だらけの男が歩いていたという目撃があった。
火災発生時刻から5分後のことであった。
この男は、全身血まみれでふくらはぎから大量の血を流していた。
飲食店の呼び込みが救急車を呼ぼうかと声を掛けたが、男はそれを断り、片足を引きずりながら消えていった。その頭髪は爆風を受けたように逆立っていた。

捜査本部はこの証言を元に男の足取りを追った。血痕と足跡が目撃場所の近くの駐車場で発見された。当時その駐車場は歌舞伎町でも一般の人間は利用しづらく、危険な場所と囁かれる駐車場であった。

そして付近の病院などにもこの男は現われていない。
警察もその血だらけの男が火災事故に関連している可能性を持ち行方を追った。しかし現在でもその行方はわかっていない。

関連記事
コメント

管理者のみに表示