山口女子高専生殺害事件

2014.09.03.Wed.07:35
2006年8月28日、山口県周南市の国立徳山工業高等専門学校の研究室で、20歳の女子学生(20)が首を絞められて窒息死していた。
事件当日、女子学生の姿が見当たらなかったので、友人と教員と共に探していた。この日は夏休み中で、被害者は卒業論文作成のため自主登校していた。

― 密室の研究室で何が起きたのか ―
午後3時頃、女子学生の所属する研究室で荷造り用のビニール紐で首を絞められた状態で発見される。この研究室には鍵が掛かっており、密室状態であった。出張中の女性教員の他に、研究室に所属する5人全てが合い鍵を持っていた。

犯人と見られる少年は前日に課題を教えて欲しいと女子学生にメールしており、研究室で待ち構えていたと考えられた。被害者の爪には、犯人の血液と皮膚片が残されており、着衣も一部乱れていた。
山口県警察本部は、被害者の体などに付着していた毛髪をDNA鑑定し、この研究室に所属する19歳の男子学生のものであると判断、9月1日にこの男子学生を全国に指名手配した。犯人と見られる少年は、原付バイクが自宅から無くなっていることから、原付で逃走中とみられた。

指名手配の際、山口県警は男子学生が未成年であり、再犯の可能性が薄いことを理由に匿名で指名手配したが、これに対して「手配中は氏名と顔写真を公表すべき」という批判もあった。
9月7日に週刊新潮が重大事件を起こす可能性もあると独自に判断し、顔と氏名を掲載したが、発売当日の午後に少年の遺体が発見されることとなった。

― 発見された少年 ―
9月7日に、学校から近い山林脇で、少年のものと同じ原付バイクを発見、さらに奥の山林で少年の遺体が発見される。木にロープがかかっており首吊り自殺とみられ、指名手配中であった男子学生の遺体と確認された。遺体は一部が白骨化しており、既に死後数日が経過していた。
犯人と見られる少年はレイプ関係のビデオ・DVDを大量に保管しており、特に「本物の強姦シーン」を撮影して逮捕された「バッキービジュアルプランニング」のビデオはほとんど持っていたという。

山口県警察捜査本部は、男子学生が被害者にメールを送っていた事、ビニールひもを自宅から持ってきていた事などから、10月31日に死亡した同少年を強姦致死及び殺人容疑で山口地方検察庁に書類送検した。被害者の両親は「強姦致死」の罪名について「事実をしっかり伝えてほしい」と警察に対し要望した。
その後、11月27日付けで、被疑者死亡のため起訴の条件を満たさないとして、不起訴処分となった。

関連記事
コメント

管理者のみに表示