武富士弘前支店強盗放火殺人事件

2014.09.05.Fri.07:31
2001年5月8日午前10時40分すぎ。
青森県浪岡町(現・青森市)のタクシー運転手のK(当時43歳)は、青森県弘前市田町にある雑居ビル駐車場に軽ワゴンを止めた。そして帽子と白マスク、軍手を着用し、右手にガソリンが入ったオイル缶、左手に古新聞の束を持って、そのビルに入っていった。
2階の踊り場に着くと、新聞の束を置いてガソリンを少し染み込ませ、3階にある消費者金融の弘前支店へと向かった。

午前10時49分、Kは店内に入ると何も言わず、オイル缶を持ち上げてカウンター越しに中身のガソリン4リットルをぶちまけた。店内に臭いが充満し、女性店員が悲鳴を上げた。支店長を除いて8人の従業員は奥の管理室に逃げた。

「金を出せ!出さねば、火をつけるぞ」

Kは水色のつなぎのポケットからライターと紙片を取り出しながら津軽弁で金を要求した。
だが、支店長は慌てず自分のデスクの通報ボタンを押し「金は出せない」と言い、立ち上がって110番通報した。

Kは冷静な支店長の態度に激しく動揺し、耐え切れずに紙片に火をつけると金を出すように連呼した。
これには支店長も驚き「今、男が来て火を付けるところだ」と言った。さらに他の従業員に消火器を準備するように叫んだ。

当時、支店内の金庫には1000万円が入っていたが、Kは金をあきらめ火のついた紙片をカウンター内に投げ込み階段を駆け下りた。
さらに2階の踊り場に置いた新聞の束にもライターで火をつけて逃げた。

出火直後、黒煙が広がり、店内は真っ暗になった。
火災は店内に一気に広がり、小さな窓しかないビルの構造も災いし、同支店の社員5人が炎に囲まれて脱出不能となりそのまま死亡、辛うじて脱出出来た4人も重軽傷を負う惨事となった。
弘前署から消費者金融の入るビルまではわずか300メートルで、走っても3分かからない距離だったが、支店側は混乱していたのか、通報した際に、住所を言い間違えたために到着が遅れた。
またこの日は交番や駐在所の警察官が各署に集まる「招集日」であったため、緊急配備に時間がかかった。
Kは弘前市内の裏道などにも熟知していたことで、警察の緊急配備をすり抜け、約18キロ離れた自宅へ帰ることができた。

― 犯人逮捕へ ―
5月11日、事件から3日後、生き残った従業員の証言を元にCGで作成した被疑者の似顔絵を公開。Kにそっくりであった。
寄せられた情報から得られた被疑者の顔に似ているという280人の男と現場で目撃された深緑色の軽ワンボックスカーを対象に捜査が進められた。
その結果、半月後にはKにたどりついた。
Kは事件現場で目撃された車と同じような車を持っていることを尋ねられると「一日中、家にいて車は妻がパート先に乗って行った」と言った。妻もKに話を合わせてウソをついた。

事件から1ヶ月経過したが、捜査は進展しなかった。
6月9日、Kは捜査を撹乱させるために、次のようなウソだらけの内容の手紙を書いて青森テレビの建物前に封筒を置いた。

・犯行に車は使っていない
・ガソリンは購入していない
・私は40代ではない

似顔絵に似ている280人の男のうち、問題の軽ワゴンを所持している人間は何人もいない。その中にKがいる。
Kにはアリバイがあったが、身内だけのアリバイで信憑性は薄かった。

2002年(平成14年)3月3日、捜査本部は早朝からKに任意同行を求め事情聴取した。
Kに関する情報は揃っていた。別の消費者金融から借金があったこと。事件前日と当日が休みであったこと。事件前日に弘前市内のガソリンスタンドで草刈り機用のガソリンを購入していたこと。

Kは容疑を否認し続けたが、捜査員はKの自宅を家宅捜査し、犯人が犯行後テレビ局に送りつけた犯行声明の筆圧が残った便箋を発見していた。それを詰め寄ると翌4日、Kは犯行を認めた。動機は借金苦によるものだった。

― 犯行動機、そしてその後 ―
Kは8年ほど前から競輪にのめり込む。
6年前に自宅を新築して約2000万円の住宅ローンも組んでいた。
3、4年前に計100万円を消費者金融から借りてその金を競輪に使った。
1年前から運送会社で働くが、運送会社と業務委託契約を結ぶ勤務形態だったため、約380万円のローンを組んでトラックを購入。
その3ヵ月後、知人が自殺し、その借金250万円を保証人名義のKが肩代わりした。これを実母や親戚に金を借りて返済。
その後、消費者金融から計280万円を借りて競輪にのめり込んだ。
その4ヵ月後に実父が死亡し、約800万円の保険金が入り、葬儀費用を払い、軽ワゴン車を購入。約300万円残るが競輪に使い込む。
消費者金融の限度額を超えていたので、軽ワゴンを担保に自動車金融から60万円を借りる。
その後、青森市のタクシー会社に就職。
60万円の返済期日である5月1日になり、自動車金融の担当者から連休明けに店に来るように言われる。
その7日後の5月8日にKは事件を起こした。

2003年2月12日、青森地裁は「競輪にのめり込んで借金を重ねた末の犯行。焼死者5人、負傷者4人を生じさせた罪責は限りなく重い」として、求刑通り死刑を言い渡した。Kは控訴。

2004年2月19日、仙台高裁は控訴棄却。Kは上告。

2007年3月27日、最高裁・裁判長は「逃げ道のない室内で放火し、恐怖におののいている被害者らを焼き殺した凶悪で残虐な犯行。結果も極めて重大」と述べ、上告を棄却。死刑が確定した。

尚、2002年3月3日に放送されたFBI超能力捜査官来日の特別番組で、この事件の犯人を透視。K逮捕のきっかけになったと言われるが、実際は放送前からKは浮上していた。



関連記事
コメント

管理者のみに表示